手足のしびれ

手足がしびれる


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 手や足の症状から疑われる病気 > 手足のしびれ

手足のしびれから疑われる病気


手足のしびれから疑われる病気には椎間板ヘルニア 閉塞性動脈硬化症 変形性脊椎症 糖尿病 
手根管症候群などがあります。

椎間板ヘルニア(頸部椎間板ヘルニア)の手足のしびれは、椎体と椎体の間ににありクッション的な
役割をしている椎間板が、後方に飛び出し神経を圧迫することで起こります。
頸椎に起こる頸椎椎間板ヘルニアは、首の痛みが起こり症状が重くなるにつれ、両手足のしびれから
足の先にまで広がり歩行困難になることもあります。
腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛と共に足のしびれ、麻痺、痛みなどの症状が現れます。

閉塞性動脈硬化症は、しばらく歩くと途中で足がしびれて歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる
と言った症状が特徴です。動脈硬化が原因で血管が詰まりしびれや痛みが起こります。

変形性脊椎症は、起こる場所により変形性腰椎症と変形性頸椎症があります。
どちらも痛みやしびれが主な症状ですが、変形性腰椎症では腰や足、変形性頸椎症では肩や腕に症状が
見られる場合が多い。

糖尿病は、進行すれば三大合併症(神経障害、網膜症、腎症)が現れます。
手足のしびれや痛みは、末梢神経が侵されることによって起こります。

手根管症候群による手首の痛み・しびれは、「ものを握る」「手首を動かす」などの動作で痛みが増強されます。
また、夜間などに症状が悪化する傾向があります。



スポンサードリンク


スポンサードリンク

























































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します



症状で調べる

危険 症状

女性 症状

心 症状

だるい 症状

熱 症状

めまい 症状

頭痛 症状

息切れ 症状

動悸 症状

胸痛 症状

腹痛 症状

むくみ 症状

下痢 症状

便秘 症状

吐き気 症状

咳 症状

顔 症状

目 症状

耳 症状

鼻 症状

口 症状

喉 症状

首・肩 症状

手・足 症状

食欲 異常

皮膚 症状

尿 異常

肛門・排便 異常
Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved