食欲がない

食欲がない


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」ではから疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 食欲の異常から疑われる病気 > 食欲がない

食欲がない症状から疑われる病気


食欲がない症状から疑われる病気には肝硬変 うつ病 つわり 心不全 胃十二指腸潰瘍 慢性胃炎 腎不全 
神経性食欲不振症 身体表現性障害 脚気 自律神経失調症 貧血などがあります。

肝硬変における食欲不振は、肝硬変が進行すると起こります。吐き気、痩せる、腹痛、疲労、物忘れ、集中力低下などを伴います。

うつ病(大うつ病性障害)は、自律神経のバランスの崩れから、胃酸の分泌や胃のぜん動運動の抑制作用によって食欲不振は起こります。

つわりは、妊娠に伴って体に変調をきたす症状です。胃腸などに変調をきたすことが多く、食欲不振の他、吐き気、嘔吐、
嗜好が変わる、なまつばが出るなどの症状が現れます。

心臓の機能低下から血液を体に循環しにくくなる心不全でも食欲不振は起こります。
足のむくみや夜に横になって寝ると息苦しくなる症状が伴う場合は、心不全の疑いがあります。

胃・十二指腸潰瘍は、ストレス、喫煙、暴飲暴食などによって胃の粘膜が傷つくことによって食欲不振は起こります。

慢性胃炎の症状は、人によって様々ですが、空腹時における胃の痛みを訴える人が最も多く、
食欲不振、胸やけ、げっぷ、もたれ、はきけなどの症状もみられます。

腎不全の食欲不振は、腎臓の働きが悪くなることによって尿量が減少し老廃物、水分、ナトリウムが体にたまり起こります。
腎臓の働きが10%以下になる末期腎不全の状態になると見られます。

神経性食欲不振症の食べることへの拒絶症状は、身体的な病気が無く心的な要因で起こります。
体重が増えることの恐怖心から下剤を飲んだり、食後に吐いたりします。

身体表現性障害は、ストレスに対する過剰反応から体に病気を引き起こすものです。食欲不振は、
胃には異常はないが胃のもたれ、みぞおちあたりの不快感によって起こります。

脚気は、ビタミンB1欠乏症とも言い、ビタミンB1欠乏から末梢神経に障害を起こします。
食欲不振は初期の症状に見られます。 

自律神経失調症は、自律神経のバランスの乱れからくるもので、症状はあるのに病院で検査をしても異常が見つからないのが特徴です。
食欲不振も消化器系の症状の一つとして現れます。

貧血による食欲不振は、赤血球をつくる時必要なビタミンB12や葉酸の欠乏によって起こる巨赤芽球性貧血に見られます。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


症状で調べる
危険 症状 女性 症状
心 症状 だるい 症状
熱 症状 めまい 症状
頭痛 症状 頭痛 症状
息切れ 症状 動悸 症状
胸痛 症状 腹痛 症状
むくみ 症状 下痢 症状
便秘 症状 吐き気 症状
咳 症状 顔 症状
目 症状 耳 症状
鼻 症状 口 症状
喉 症状 首・肩 症状
手・足 症状 食欲 異常
皮膚 症状 尿 異常
肛門・排便 異常
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved