空咳

空咳が出る病気


                              「サイト紹介」

今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げてみました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 咳の出る症状から疑われる病気 > 空咳から疑われる病気
空咳から疑われる病気

空咳から疑われる病気には胸膜炎 急性気管支炎 自然気胸 一酸化炭素中毒 肺がん リンパ節腫脹 間質性肺炎などがあります。

胸膜炎による咳は、感染性疾患に伴う時は、発熱や背中、胸の痛みが起こります。胸水が増えることによる肺や心臓の圧迫においても息切れや呼吸困難、動悸とともに起こります。

急性気管支炎は初期には空咳が出ますが、進行すると次第に黄色い膿状のたんを伴います。

自然気胸は、肺の表面にできた小さな嚢胞の破裂により突然の胸の痛み、または背中の痛みを伴って空咳が起こります。

一酸化炭素中毒は、赤血球の中にあるヘモクロビンが酸素よりも結合しやすい一酸化炭素と結合して、体の組織が酸欠状態になることによるものです。中毒症状としてせき込むことがあります。

肺癌による咳は、初期においては、からぜきが主ですが進行すると湿った咳(タンを伴う咳)が出るようになります。また、がんが気管支を刺激して血たんが出ることもあります。特に咳が長期間続く場合は要注意です。

リンパ節腫脹は、細菌の感染などによって炎症を起こしリンパ節が腫れますが、気道を圧迫してせきこむこともあります。

間質性肺炎による咳は、空咳と呼吸困難が主な症状です。急性と慢性があります。急性はだるく、疲れやすく発熱を伴いますが、慢性は呼吸困難だけなので気がつかない場合が多い。


スポンサードリンク
スポンサードリンク





症状で調べる




Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します