湿咳 湿った咳

湿咳 湿った咳が出る


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 咳の出る症状から疑われる病気 > 湿咳(湿った咳)から疑われる病気

湿咳(湿った咳)から疑われる病気


湿咳から疑われる病気にはインフルエンザ 気管支ぜんそく 膿胸 肺炎 心臓ぜんそく 慢性気管支炎 
肺気腫 かぜ 肺化膿症などがあります。

インフルエンザのタンを伴う咳は、発症後、全身症状が現れるとともに起こり、
全身症状が治まってきても咳が長く続くのが特徴です。

気管支ぜんそくは、発作性の咳が特徴です。
ゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難を伴います。
発作は、夜間から早朝にかけて悪くなることが多い。

膿胸(のうきょう)の咳は、膿状のタンが出るのが特徴です。
胸膜の炎症によって胸膜にたまった胸水が膿状になるためです。
肺化膿症を合併すると血たんが出ることもあります。

肺炎による咳は、原因となる病原菌によって出るもの、出ないものがあります。
細菌性肺炎の場合は、39度以上の高熱と寒気を伴いタンを伴う咳が出ます。
マイコプラズマ肺炎は、発熱を伴い頑固な咳が長く続きます。

心臓の左心不全による心臓ぜんそくは、気道が狭くなることによりゼーゼー、ヒューヒューと言った喘鳴、
泡だったピンク色のタンを伴った咳が出るのが特徴です。

慢性気管支炎は、膿状のタンを伴い頑固な咳がでますが、一度咳き込むとなかなか止まらない状態になります。
特に冬になると悪化する傾向があります。

肺気腫における咳は、細胞壁がが細気管支を中心に壊れる小葉中心性肺気腫に見られます。
中年頃から咳やタンが出るようになるのが特徴です。

風邪症候群(かぜ)による咳は、ウィルスに感染後、喉頭に炎症が及んだ時に喉の痛みを伴い起こります。

肺化膿症は、肺の組織の壊死によるのもで悪臭のある膿状のタン、血たんを伴った咳が出ます



スポンサードリンク


スポンサードリンク


症状で調べる
危険 症状 女性 症状
心 症状 だるい 症状
熱 症状 めまい 症状
頭痛 症状 頭痛 症状
息切れ 症状 動悸 症状
胸痛 症状 腹痛 症状
むくみ 症状 下痢 症状
便秘 症状 吐き気 症状
咳 症状 顔 症状
目 症状 耳 症状
鼻 症状 口 症状
喉 症状 首・肩 症状
手・足 症状 食欲 異常
皮膚 症状 尿 異常
肛門・排便 異常
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved