喉 渇く

喉が渇く


                              「サイト紹介」

今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げてみました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 喉の症状から疑われる病気 > 喉が渇く
喉が渇く症状から疑われる病気

喉が渇く症状から疑われる病気には尿崩症 糖尿病などがあります。

尿崩症は、尿量の増加によって喉の渇きが起こる病気です。尿の量を調節する抗利尿ホルモンの分泌低下により、尿量が1日3g以下の正常ラインを大きく上回り5g〜10gに増えます。
そのため喉が渇き、の飲む量が少なければ脱水症状に陥ります。原因としては、抗利尿ホルモンの合成の異常。視床下部や下垂体後葉の炎症または腫瘍によるホルモン合成細胞の障害。松果体の腫瘍や髄膜炎などがあげられます。

糖尿病で喉の渇きが出るのは、糖尿病の合併症がかなり進行している場合に見られます。喉が渇くのは、インスリンが全く分泌されないT型糖尿病やインスリンの分泌量の低下、インスリンに対する感受性の低下により起こるU型糖尿病にも見られます。ブドウ糖を多く含んだ血液は浸透圧が高く、尿が多量に出てしまいます。そのため喉が渇き水を飲むようになります。


スポンサードリンク
スポンサードリンク





症状で調べる




Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します