喉 つかえ

喉がつかえる


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 喉の症状から疑われる病気 > 喉がつかえる

喉がつかえる症状から疑われる病気


喉がつかえる症状から疑われる病気には食道炎 食道憩室 食道アカラシア 食道がん 重症筋無力症 
全般性不安障害 咽喉頭異常感症 うつ病 声帯まひなどがあります。

食道炎は、胃酸の食道への逆流によって起こります。症状としては、胃酸の逆流による胸やけが起こり、
横になったり寝たりすると症状は強くなります。胸の痛みの症状から狭心症と間違われることもあります。
喉がつかえるようになるのは、潰瘍の慢性化することによって食道が細くなり食べ物がつかえるようになるためです。

食道憩室は、食道にできる小さなポケット状のくぼみ(憩室)です。喉がつかえるような症状は、
上部食道にできる場合(ゼンカー憩室)に起こります。

食道アカラシアは、食道が過度に緊張するために正常なぜん動運動ができない病気です。
食道けいれんと症状は似ていますが、水分はズムーずに通る食道けいれんに対して水ですら食道がつかえるのが特徴です。

食道癌の症状は初期においてはほとんどみられませんが、中期以降になってものを飲み込む時の
胸のつかえなどの症状の他、体重の減少なども見られます。

重症筋無力症は、免疫学的な異常による病気で全身の筋力低下などの症状が見られます。
筋肉が疲れやすく特に夕方になると悪くなる傾向があります。食べ物が飲みこみにくくなる他、
まぶたが下がる、呼吸困難、鼻声、手足の筋力低下などが見られます。

全般性不安障害は、ささいなことでも気になり不安症状が強く出ると喉や胸の支えを感じやすくなります。

咽喉頭異常感症は、喉の違和感(喉がつかえるなど)を感じる病気です。原因不明な場合が多く精神的な要因、
異物や舌根扁桃肥大が原因の場合もあります。

大うつ病性障害(うつ病)は気分障害による病気で、憂うつで気分が優れない、喉や胸の支えなどを訴える場合もあります。

声帯麻痺は、反回神経まひとも呼ばれものを飲む込む時にむせやすくなる他、呼吸や発声においても影響を受けます。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


症状で調べる
危険 症状 女性 症状
心 症状 だるい 症状
熱 症状 めまい 症状
頭痛 症状 頭痛 症状
息切れ 症状 動悸 症状
胸痛 症状 腹痛 症状
むくみ 症状 下痢 症状
便秘 症状 吐き気 症状
咳 症状 顔 症状
目 症状 耳 症状
鼻 症状 口 症状
喉 症状 首・肩 症状
手・足 症状 食欲 異常
皮膚 症状 尿 異常
肛門・排便 異常
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved