高熱が出る

高熱が出る 症状


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 熱が出る症状から疑われる病気 > 高熱が出る

高熱から疑われる病気


高熱から疑われる病気には、肺炎 インフルエンザ 急性腹膜炎 脳炎 髄膜炎 胸膜炎などがあります。

肺炎は、熱や寒気、タンを伴うせきが主な症状であるが感染した病原菌によって症状が異なります。
マイコプラズマ肺炎は長く頑固なせきが続きます。
インフルエンザ肺炎
は呼吸困難や高熱。細菌性肺炎は高熱が伴う寒気やせき、タンを伴います。
クラミジア肺炎は、せき、タン、頭痛、筋肉痛などが起こります。

急性腹膜炎は、突然の腹痛とともに腹部が堅くなります。
進行すると高熱とともに痛みが強くなり、やがて腸の動きが止まりショック状態に陥ります。

日本脳炎(脳炎)の症状は、発熱の他、腹痛、下痢、嘔吐や頭痛などを伴います。
進行すると異常に眠い状態に陥り、けいれん、意志に基づかない異常な運動が起こります。

ヘルペス脳炎(脳炎)は、発熱を伴い頭痛、嘔吐、首筋が堅くなり幻覚、妄想と言った精神的な症状、
けいれんなどが起こり、やがて昏睡状態になり死亡することもあります。

髄膜炎は、感染した細菌によって症状が異なります。
細菌性髄膜炎の症状は、急に熱が出るほか寒気、頭痛、嘔吐などが起こります。
ウイルス性髄膜炎の症状は、急に熱が出る、頭痛などは細菌性髄膜炎と同じですが、ほとんどが軽症なのが特徴です。

胸膜炎は胸膜の炎症で起こり、感染症による場合が多い。
熱が出るほか、背中、胸の痛み、せきなどが主な症状です。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


症状で調べる
危険 症状 女性 症状
心 症状 だるい 症状
熱 症状 めまい 症状
頭痛 症状 頭痛 症状
息切れ 症状 動悸 症状
胸痛 症状 腹痛 症状
むくみ 症状 下痢 症状
便秘 症状 吐き気 症状
咳 症状 顔 症状
目 症状 耳 症状
鼻 症状 口 症状
喉 症状 首・肩 症状
手・足 症状 食欲 異常
皮膚 症状 尿 異常
肛門・排便 異常
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved