微熱が続く

微熱が続く病気


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 熱が出る症状から疑われる病気 > 微熱か続く

微熱か続く症状から疑われる病気


微熱か続く症状から疑われる病気には、肺結核 バセドウ病 関節リウマチ 白血病などがあります。

肺結核の症状は、夕方近くなると微熱が続き、だるい、せきやタンが出ることから始まり黄色みを帯びた膿性のたん、
さらに血たんが出るようになります。夜中に大量の寝汗をかくのも肺結核の症状の一つである。

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)の症状は、両目が突き出ると言った特徴はよく知られていますが、
甲状腺ホルモンの分泌過多により体の代謝が活発になり、暑がり、不整脈、動悸、疲れやすい、不眠、下痢などの症状の他、
イライラするなどの精神症状も出ることがあります。

関節リウマチは、関節に現れる症状とそれ以外の症状があります。
関節の症状は、手首や足首、手や足の指、肘などに腫れや痛み、こわばりが現れます。
とくに朝、関節の動かしはじめに症状が強く、次第に楽に動かせられるようになるのが特徴です。
関節以外では、慢性的に微熱が続き、疲れる、疲れやすい、食欲が進まないと言った症状が起こります。

白血病は、慢性と急性があり症状もそれぞれ異なります。
慢性白血病は、腹部の張り、寝汗をかく、倦怠感、脾臓が腫れる、痩せるといった症状が現れます。
急性白血病は、歯や鼻、皮下などに出血しやすいほか、貧血症状も特徴の一つです。



スポンサードリンク


スポンサードリンク


症状で調べる
危険 症状 女性 症状
心 症状 だるい 症状
熱 症状 めまい 症状
頭痛 症状 頭痛 症状
息切れ 症状 動悸 症状
胸痛 症状 腹痛 症状
むくみ 症状 下痢 症状
便秘 症状 吐き気 症状
咳 症状 顔 症状
目 症状 耳 症状
鼻 症状 口 症状
喉 症状 首・肩 症状
手・足 症状 食欲 異常
皮膚 症状 尿 異常
肛門・排便 異常
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved