全身 むくみ

全身のむくみ


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > むくみ症状から疑われる病気 > 全身のむくみ

全身のむくみから疑われる病気


全身のむくみから疑われる病気には月経前症候群 心膜炎 貧血 心臓弁膜症  肺性心 妊娠中毒症 
心不全 薬の副作用 肝炎などがあります。

月経前症候群は、月経の1週間ほど前から起きる身体や精神の不快な症状でむくみの他、頭痛、めまい、
吐き気、腰痛などの身体における症状やうつ、集中力がない、イライラ感、不安などの精神における症状などがあらわれます。

貧血は、ヘモクロビンの減少によって血液中の酸素の供給量が減るために様々な症状が起こります。
むくみが起こるのは主に鉄分の不足で起こる酸素欠乏性貧血によるものが多い。

心膜炎は、心臓を覆っている心外膜の炎症による病気で、むくみは心膜炎の慢性化によって心膜が堅く厚くなり
心臓の拡張が常に傷害されることによって起こります。

心臓弁膜症は、心臓の弁の障害によって起こる病気であるが、自覚症状がほとんどない場合が多く
心不全にまで進行し、むくみ症状が現れることがあります。

肺性心は、呼吸器疾患によって心臓に負担がかかり右心不全となりむくみなどが起こります。

妊娠中毒症のむくみは、高血圧、タンパク尿とともに妊娠中毒症の三大症状と言われ妊娠中期以降に起こることが多い。
進行すれば頭痛、けいれん、呼吸困難を伴い全身にむくみが及びます。

心不全のむくみは、右心不全により手や足、腹部における血液のうっ滞によって起こります。

肝炎(慢性肝炎)によるむくみは、発熱、吐き気、黄疸、食欲がないなどの症状とともに起こることがあります。

また、むくみは薬物の副作用によっても急に起こる場合もあります。



スポンサードリンク


スポンサードリンク

























































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します



症状で調べる

危険 症状

女性 症状

心 症状

だるい 症状

熱 症状

めまい 症状

頭痛 症状

息切れ 症状

動悸 症状

胸痛 症状

腹痛 症状

むくみ 症状

下痢 症状

便秘 症状

吐き気 症状

咳 症状

顔 症状

目 症状

耳 症状

鼻 症状

口 症状

喉 症状

首・肩 症状

手・足 症状

食欲 異常

皮膚 症状

尿 異常

肛門・排便 異常
Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved