視野の異常

視野に異常がある


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 目の症状から疑われる病気 > 視野の異常

視野の異常から疑われる病気


視野の異常が疑われる病気には脳腫瘍 網膜剥離 中心性網膜炎などがあります。

脳腫瘍による視野の異常は、脳の圧迫や破壊によって起こる神経機能の麻痺によって起こります。
視野が狭くなるといった症状の他、手や足の運動障害や視力の低下、まぶたが閉じられない、
物が二重に見える、寄り目になる、ろれつが回らない、耳鳴りやふらつくなどの症状を伴います。

網膜剥離は、剥離した部分の視野が欠けます。
方向によってカーテンが降りる、雲がわくと言ったように感じられます。
数日で病気は進行し、蚊が飛ぶように見える飛蚊症、光が走るように感じる光視症を伴う場合が多い。

中心性網膜炎は、視野の中心にある黄斑に水がたまることによってむくみが起こる病気です。
自覚症状としては、小視症(物が小さく遠くに見える)、中心暗点(暗くなる)、変視症(物がゆがむ)、
字が読みにくいなどによって眼精疲労を起こします。



スポンサードリンク


スポンサードリンク

























































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します



症状で調べる

危険 症状

女性 症状

心 症状

だるい 症状

熱 症状

めまい 症状

頭痛 症状

息切れ 症状

動悸 症状

胸痛 症状

腹痛 症状

むくみ 症状

下痢 症状

便秘 症状

吐き気 症状

咳 症状

顔 症状

目 症状

耳 症状

鼻 症状

口 症状

喉 症状

首・肩 症状

手・足 症状

食欲 異常

皮膚 症状

尿 異常

肛門・排便 異常
Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved