痙攣(けいれん) 症状

痙攣(けいれん) 症状


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 危険な症状 >痙攣(けいれん)

痙攣(けいれん)


痙攣とは、筋肉が発作的に収縮を起こした状態で、病名ではありません。
痙攣を起こす病気にはてんかんの他、頭部外傷、脳炎、髄膜炎、薬物や金属の中毒症、脳膿瘍
などがあります。
また、副甲状腺機能低下症などは血液中のカルシウム濃度の極度の低下によって痙攣が起こる
ことがあります。
子どもの痙攣には、熱によつて引き起こされる熱性痙攣などがあります。

危険な痙攣としては、意識を失うとか全身痙攣を起こした時です。
この際、早めに病院に行く必要があります。
特に、発作がなかなか治まらない時は救急車を利用します。


けいれんが起こった時の処置

痙攣中は呼吸が満足に出来ません。
まず気道を確保するために顔を横に向けて、舌を噛まないようにハンカチかタオルなどを口に
差し込みます。心肺停止している場合は人工呼吸をします。


スポンサードリンク


痙攣から疑われる病気

てんかん 過換気症候群
脳膿瘍 アルコール依存症
脳炎 顔面神経麻痺
髄膜炎 尿毒症
脳卒中 転換性障害
破傷風


スポンサードリンク

































































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します。


症状で調べる

危険 症状

女性 症状

心 症状

だるい 症状

熱 症状

めまい 症状

頭痛 症状

息切れ 症状

動悸 症状

胸痛 症状

腹痛 症状

むくみ 症状

下痢 症状

便秘 症状

吐き気 症状

咳 症状

顔 症状

目 症状

耳 症状

鼻 症状

口 症状

喉 症状

首・肩 症状

手・足 症状

食欲 異常

皮膚 症状

尿 異常

肛門・排便 異常
Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved