表情が変わる

表情が変わる


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 顔の症状から疑われる病気 > 表情が変わる

表情が変わる症状から疑われる病気


顔の表情が変わる病気にはうつ病 パーキンソン病 顔面神経まひ 強皮症 バセドウ病 重症筋無力症 などがあります。

うつ病(大うつ病性障害)は、気分が落ち込んでゆううつになる病気です。
表情も暗く元気がなく、無表情になります。
興味や関心、喜びや楽しみなどが感じられなくなり、集中力、注意力、判断力などの低下、
体重も減り、食欲も性欲も低下します。症状は主に朝、午前中につよくでるのが特徴です。

パーキンソン病は、手足の震えなど運動障害が起こる病気です。
顔の筋肉の突っ張り、まばたきが少ないなど仮面のように表情がなくなります。

顔面神経麻痺は、顔の表情をつかさどる表情筋や、顔面神経がなんらかの原因で麻痺する病気です。
麻痺により顔がゆがみ非対称になるのが特徴です。
まぶたが閉じない、舌の半分が味を感じない、麻痺側の音が大きく聞こえる、食事の時涙が勝手に出るなどの症状も起こります。

強皮症は、皮膚が硬くなるのが特徴の病気で厚生労働省の特殊疾患に指定されている難病です。
顔の皮膚がこわばり表情が乏しく口が開けにくくなるほか、口のまわりに放射状のしわができます。

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)は、三大症状の一つである眼球の突出によって驚いたような表情になります。
また、まぶたが大きく腫れる、まぶたと眼球の動きがかみ合わない、充血で目が真っ赤になるなどの症状も伴う場合もあります。

重症筋無力症においては、眼瞼下垂(がんけんかすい)と言ってまぶたが自然に垂れ下がる他、食物が飲み込みにくい、
呼吸困難、ものが二重に見える、手足の筋肉に力が入らない、などの症状もみられます。
しかし、これらの症状も休むことによって良くなるのも特徴です。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


症状で調べる
危険 症状 女性 症状
心 症状 だるい 症状
熱 症状 めまい 症状
頭痛 症状 頭痛 症状
息切れ 症状 動悸 症状
胸痛 症状 腹痛 症状
むくみ 症状 下痢 症状
便秘 症状 吐き気 症状
咳 症状 顔 症状
目 症状 耳 症状
鼻 症状 口 症状
喉 症状 首・肩 症状
手・足 症状 食欲 異常
皮膚 症状 尿 異常
肛門・排便 異常
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved