息切れがする 慢性的

息切れがする(慢性的)


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 息切れがする症状から疑われる病気 > 息切れがする(慢性的)

息切れがする(慢性的)から疑われる病気


慢性的な息切れから疑われる病気には気管支拡張症 不整脈 うっ血性心不全 慢性気管支炎 貧血 
間質性肺炎、肺気腫などがあります。

気管支拡張症は、気管支の炎症によってタンが出るのが特徴です。
茶色、黄色と膿のようなタンの量が多く、ときには血たんが出ることもあります。

不整脈の症状としては、動悸、息切れ、胸部不快感、めまい、倦怠感などですが、まれに突然死につながる
場合もあります。

うっ血性心不全の症状は呼吸困難の他、足のむくみ、唇が紫色に変色、腹部膨満感などが起こります。

慢性気管支炎は、慢性的なせきやタンに始まり、呼吸困難、呼吸不全となり酸素吸入なしでは生活できない
ようになります。この病気は進行がゆっくりなため重症化するまで気づかない場合が多い。

貧血は、全身への酸素の供給が減少することによって息切れや動悸、頭が重い、顔色が悪い、疲れやすい、
だるいなどの症状が起こります。重症の場合は足のむくみなどが見られます。

間質性肺炎は、急性と慢性があります。急性は、脈拍の上昇、乾いた咳(タンを伴わない)、呼吸困難が見られます。
慢性は、呼吸困難のみの症状が出ます。



スポンサードリンク


スポンサードリンク

































































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します



症状で調べる

危険 症状

女性 症状

心 症状

だるい 症状

熱 症状

めまい 症状

頭痛 症状

息切れ 症状

動悸 症状

胸痛 症状

腹痛 症状

むくみ 症状

下痢 症状

便秘 症状

吐き気 症状

咳 症状

顔 症状

目 症状

耳 症状

鼻 症状

口 症状

喉 症状

首・肩 症状

手・足 症状

食欲 異常

皮膚 症状

尿 異常

肛門・排便 異常
Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved