髪の毛が抜ける

髪の毛が抜ける


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 皮膚の症状から疑われる病気 > 髪の毛が抜ける

髪の毛が抜ける症状から疑われる病気


髪の毛は成長期、退化期、休止期という過程をたどって脱毛します。
髪の毛は毛乳頭というところから生えてきて成長しますが、毛乳頭の数は生まれたときから決まっているので
毛乳頭が衰えてきて、その数が減れば、当然、髪の毛の数も減ります。

髪の毛の最盛期は女性が25歳、男性が20歳くらいと言われています。
最盛期には髪の成長が速いだけでなく太くなるのもこのころです。

髪の毛の寿命はおよそ5年から7年周期で生え変わるといわれ、生涯にわたって髪を作り続けているわけでは
ありません。
成長期では毛乳頭が1本の髪を作り続け、退化期になると毛球部が縮小します。
休止期になると毛乳頭の活動が止まり、髪の毛が頭皮にとどまっているだけの状態になります。
そして、新しい毛球が生まれると古い毛は抜け落ちます。

ところが、何らかの原因で髪の毛が抜ける段階ではないのに抜けてしまったり、新しい髪の毛が成長しない
状態になれば「はげ」になります



スポンサードリンク


スポンサードリンク

























































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します



症状で調べる

危険 症状

女性 症状

心 症状

だるい 症状

熱 症状

めまい 症状

頭痛 症状

息切れ 症状

動悸 症状

胸痛 症状

腹痛 症状

むくみ 症状

下痢 症状

便秘 症状

吐き気 症状

咳 症状

顔 症状

目 症状

耳 症状

鼻 症状

口 症状

喉 症状

首・肩 症状

手・足 症状

食欲 異常

皮膚 症状

尿 異常

肛門・排便 異常
Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved