皮膚 色素斑

皮膚に色素斑が出る


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 皮膚の症状から疑われる病気 > 色素斑

色素斑から疑われる病気


色素斑から疑われる病気にはアジソン病 肝炎 白なまず 全身性エリテマトーデス 紫斑病 
多形滲出性紅斑などがあります。

アジソン病は、副腎皮質ホルモンの分泌減少によって起こる病気です。
アジソン病の特徴の一つには皮膚の黒ずみが見られます。
口の粘膜、歯ぐき、唇などに黒い斑点ができます。

白なまずは、尋常性白斑と言いメラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)機能低下により
色が白く抜ける(脱色素斑)病気です。
全身の至る所にできるものと神経が分布しているところにできるものがあります。

全身性エリテマトーデスは、膠原病の一種で免疫システムの異常によって起こる病気です。
皮膚色が変化する症状は様々ですが、両頬(ほお)に蝶が羽を広げたような形の蝶形紅斑、
中心が脱色して萎縮した発疹(デイスコイド疹)、手のひらや足の裏、爪の周りにおける紅斑、
寒い季節において手指が紫色に変色するレイノー現象などが特徴です。

紫斑病(特発性血小板減少性紫斑病)は、血腫板が減少することにより出血しやすい、出血が止まりにくい病気です。
出血すると皮膚や粘膜に点状または斑状に出血斑が見られます。

多形滲出性紅斑は、手指や足などに軽いかゆみと共に左右対称に紅斑が出るのが特徴です。
女性に特に多く見られる病気です



スポンサードリンク


スポンサードリンク

























































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します



症状で調べる

危険 症状

女性 症状

心 症状

だるい 症状

熱 症状

めまい 症状

頭痛 症状

息切れ 症状

動悸 症状

胸痛 症状

腹痛 症状

むくみ 症状

下痢 症状

便秘 症状

吐き気 症状

咳 症状

顔 症状

目 症状

耳 症状

鼻 症状

口 症状

喉 症状

首・肩 症状

手・足 症状

食欲 異常

皮膚 症状

尿 異常

肛門・排便 異常
Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved