鼻が詰まる

鼻が詰まる


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 鼻の症状から疑われる病気 > 鼻が詰まる

鼻が詰まる症状から疑われる病気


鼻が詰まる症状から疑われる病気には急性鼻炎 鼻カタル 慢性副鼻腔炎 鼻中隔彎曲症 アレルギー性鼻炎 
扁桃肥大(アデノイド) 鼻せつなどがあります。

急性鼻炎は、かぜの症状の一つで鼻の粘膜の炎症によって鼻づまりが起こります。

肥厚性鼻炎は、鼻の粘膜が慢性的に腫れる病気です。鼻づまりは、寝る姿勢によって詰まり方が変わります。
横向きに寝ると下側の鼻が詰まり、仰向けに寝ると鼻づまりはひどくなります。

萎縮性鼻炎は、鼻の粘膜の萎縮によって鼻の粘膜が乾燥しかさぶたになり、細菌感染すると悪臭のある鼻汁が出ます。
萎縮によって鼻腔は広くなりますが、逆に鼻づまり感はひどくなります。

鼻カタルは、大気中のちりや埃などによって鼻の粘膜が刺激され炎症を起こし腫れることをいいます。
鼻づまりの他、粘りけのある鼻汁を伴います。

慢性副鼻腔炎は蓄膿症(ちくのうしょう)と呼ばれ、膿状の鼻汁が出ることにより鼻づまりを起こします。
臭いが感じられないといった症状も伴います。

ほとんどの人は鼻腔を左右に分けている軟骨や骨すなわち鼻中隔は、左右どちらかに彎曲しています。
鼻中隔彎曲症は、彎曲が極端にひどいと鼻づまりが起こります。左右どちらかが詰まりやすい特徴があります。

扁桃肥大(アデノイド)は鼻の奥にあるアデノイドが肥大化することによって鼻詰まりが起こります。
いつも口を開けているために特有な顔つきにまります。

鼻せつは、鼻の中にできるおでき、腫れものです。腫れることによって膿を伴い鼻づまりが起こります。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


症状で調べる
危険 症状 女性 症状
心 症状 だるい 症状
熱 症状 めまい 症状
頭痛 症状 頭痛 症状
息切れ 症状 動悸 症状
胸痛 症状 腹痛 症状
むくみ 症状 下痢 症状
便秘 症状 吐き気 症状
咳 症状 顔 症状
目 症状 耳 症状
鼻 症状 口 症状
喉 症状 首・肩 症状
手・足 症状 食欲 異常
皮膚 症状 尿 異常
肛門・排便 異常
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved