吐き気や腹痛がする

吐き気や腹痛がする


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 吐き気症状から疑われる病気 > 吐き気・腹痛がする

吐き気と腹痛から疑われる病気


吐き気・腹痛から疑われる病気には胆石症 虫垂炎 胆嚢炎 急性腹膜炎 腸閉塞 膵炎などがあります。

胆石症の症状としては、吐き気・嘔吐の他、みぞおちから右上腹部にかけての激しい痛みや発熱、
黄疸などが主な症状である。

虫垂炎は、進行するに従って段階的に症状が変わります。
吐き気・嘔吐を伴うみぞおちからへそ周辺の痛みから右下腹部への強い痛みに変わり、さらにひどくなると痛む範囲が
広がりますます痛みが強くなる。

胆嚢炎は、急性の場合右上腹部の痛みとともに吐き気、寒気、ふるえ、発熱の症状が見られる。
慢性は無症状あるいは軽症の場合が多く脂肪分の多い食事の後に起きやすい特徴があります。

急性腹膜炎は、突然起こる激しい腹痛と腹部が堅くなるなどが主な症状である。
吐き気や嘔吐は、炎症が腹部全体に広がり発熱とともに痛みがますます強くなると起こります。

腸閉塞は、吐き気や嘔吐を伴ったけいれん性の激しい腹痛が主な症状である。
症状は、大腸の閉塞の場合は、ゆっくり起こるのに対し小腸の場合は早く現れます。

膵炎の場合の吐き気や嘔吐は急性膵炎に見られ、みぞおちあたりの急な強い痛み、
あるいは鈍痛程度の痛みとともに起こります。
慢性の膵炎でも吐き気などが見られますが、急性に比べて軽症な場合が多い。


スポンサードリンク


スポンサードリンク


症状で調べる
危険 症状 女性 症状
心 症状 だるい 症状
熱 症状 めまい 症状
頭痛 症状 頭痛 症状
息切れ 症状 動悸 症状
胸痛 症状 腹痛 症状
むくみ 症状 下痢 症状
便秘 症状 吐き気 症状
咳 症状 顔 症状
目 症状 耳 症状
鼻 症状 口 症状
喉 症状 首・肩 症状
手・足 症状 食欲 異常
皮膚 症状 尿 異常
肛門・排便 異常
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved