慢性の下痢

慢性の下痢 症状


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 下痢症状から疑われる病気 > 慢性の下痢

慢性の下痢から疑われる病気


慢性の下痢から疑われる病気にはバセドウ病 食物アレルギー クローン病 潰瘍性大腸炎 乳糖不耐症
などがあります。

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)は、甲状腺ホルモンの分泌過剰によって起こる病気です。
代表的な症状としては、甲状腺が腫れる、眼球が突出する、動悸がするなどですが、他にも眠れない、
イライラする、排便の回数増加や下痢、皮膚がかゆくなるなどの症状が見られます。

食物アレルギーによって引き起こされる下痢などの胃腸障害は、ある特定の食品を摂った時にだけ現れる。
牛乳、大豆、卵など三大原因物質の他、米、小麦、そば、ブロッコリー、バナナ、魚介類、ナッツ類、柑橘類などが
アレルギーを起こします。

クローン病における下痢は、初期に腹痛とともに見られ進行すると痩せる、熱が出る、貧血、血便などの
症状が起こります。

潰瘍性大腸炎の症状は、下痢によって排出される便の量は多くありませんが 頻繁にトイレに行きたくなる。
便に粘液や血液が混じるなどです。病気が進行すれば熱を伴い腹部が全体にわたって痛みます。

乳糖不耐症は、乳糖分解酵素の働きの低下によるもので下痢の他、お腹がごろごろ鳴る、嘔吐、腹痛などが
主な症状です。



スポンサードリンク


スポンサードリンク

























































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します



症状で調べる

危険 症状

女性 症状

心 症状

だるい 症状

熱 症状

めまい 症状

頭痛 症状

息切れ 症状

動悸 症状

胸痛 症状

腹痛 症状

むくみ 症状

下痢 症状

便秘 症状

吐き気 症状

咳 症状

顔 症状

目 症状

耳 症状

鼻 症状

口 症状

喉 症状

首・肩 症状

手・足 症状

食欲 異常

皮膚 症状

尿 異常

肛門・排便 異常
Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved