急激 腹痛

急激な腹痛が起こる


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 腹痛症状から疑われる病気 > 急激な腹痛

急激な腹痛から疑われる病気


急激な腹痛から疑われる病気には胆嚢炎 胆石症 肋間神経痛 腸炎 食中毒 腸閉塞 膵炎 虫垂炎などがあります。

胆嚢炎は、右上腹部に痛みが出る場合が多い。背中や肩にまで広がる激痛とともに黄疸が出ることもある。

胆石症は、右上腹部の激痛とともに黄疸が出ます。

肋間神経痛は、突然の胸や背中、上腹部の痛み。身体の右か左どちらか一方だけに痛みが起こるのが特徴です。

急性膵炎は、特に上腹部に強く痛みを感じ熱が出るのが特徴です。又、膵臓は背中側に近いため背中に痛みが伴うこともあります。

慢性膵炎の場合は、急性に比べて痛みは弱いが腹部膨満感、食欲不振、吐き気などの症状が現れます。

腸炎は、腸の炎症によって下痢などの症状を起こす病気であるが、急性腸炎と慢性腸炎に分けられます。
急性腸炎は、ほとんどが腹痛・嘔吐・下痢を伴う程度であるが、細菌感染の場合は激しい腹痛・嘔吐・下痢とともに
高熱 が出るのが特徴です。

食中毒の主な症状は、腹痛とともに下痢、吐き気や嘔吐ですが、体に毒や細菌など有害な物質が入ることによって起こります。
細菌が原因で起こる場合発熱が伴いますが、有害物質が原因で起こる場合は発熱はほとんどありません。

虫垂炎は、へその周辺に痛みが起こり必ず発熱を伴います。


スポンサードリンク


部位別腹痛一覧
みぞおちの痛み
下腹部の痛み
上腹部の痛み
腹部全体の痛み
急激な腹痛
慢性の腹痛


スポンサードリンク


症状で調べる
危険 症状 女性 症状
心 症状 だるい 症状
熱 症状 めまい 症状
頭痛 症状 頭痛 症状
息切れ 症状 動悸 症状
胸痛 症状 腹痛 症状
むくみ 症状 下痢 症状
便秘 症状 吐き気 症状
咳 症状 顔 症状
目 症状 耳 症状
鼻 症状 口 症状
喉 症状 首・肩 症状
手・足 症状 食欲 異常
皮膚 症状 尿 異常
肛門・排便 異常
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved