「サイト紹介」

今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。



スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top >プロフィール・このサイトについて
プロフィール・このサイトについて

当サイトに訪問いただきありがとうございます。
サイト「症状で病気を早期発見!」を運営しておりますテラと申します。

50過ぎの独身男性です。趣味は登山、ハイキング、寺・神社巡り、旅行、スキーと多彩です。
趣味に没頭するあまり嫁さんには未だに巡り会えません。

40歳前の頃、寝ないでスキー行って左肩を強打しねんざしてしまったことがあります。
おかげで3ヶ月ほど左肩が上がりませんでしたが、問題はその後で、それがきっかけとなって
慢性疲労症候群(後で解った病名です)という訳のわからない病気に陥り、大変に苦しみました。

朝起きると何ともいえないような不快感が起こり、職場では頭が重く身体がだるい、物忘れはひどいし
仕事に集中できません。それが他の人には怠けているように見えるらしく白い目で見られました。
何度も病院へ行って調べてもらいましたがどこも異常ないと言われ納得できずに病院を転々と
換えたものです。

こんなに悪いのに何で解ってもらえないのだろうと病気になって初めて病人の気持ちがわかりました。
健康の大切さも知りました。

このサイトを立ち上げたのは健康の大切さを知った私がちょっとした症状を見逃して病気の発見が遅れ、
治る病気も治らなくなってしまう人が少しでも少なくなるようになってほしいという思いからです。


スポンサードリンク




Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved