屈折異常 治療法

屈折異常の治療法/症状


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top> 目の病気 > 屈折異常

屈折異常 (くっせついじょう)


屈折異常とは、眼の中に入ってきた光が網膜上で焦点がピッタリと合わない状態を言います。
近視、遠視、乱視がこれに該当します。

近視は、眼球の軸が長すぎたり屈折力が強すぎるために、網膜の手前で像を結んでしまい、
近くはよく見えるのに遠くのものがぼやけてしまいます。
近視はさらに発生の原因によって先天性近視、後天性近視、仮性近視などがあります。

遠視は、近視とは逆に眼球の軸が短すぎたり屈折力が弱すぎるために、網膜の後ろで像を
結んでしまい、近いところも遠いところも調節の努力をしないとよく見えません。
先天性遠視と後天性遠視などがあります。

乱視は、角膜の歪みによって起こる正乱視と潰瘍や外傷などによって角膜の表面がデコボコ状に
なって起こる不正乱視があります。
どちらも軽度の場合は自覚症状はありませんが、重度の場合は、視力の低下と共に近くも遠くも見え
にくくなります。ものが二つに見えたり字がにじんで見えたりします。

遠視にしても乱視にしても、ものを見る時には調節の努力が必要となり目が疲れます。

屈折異常の治療法は、日常生活に支障をきたさない視力を得るために、眼鏡やコンタクトレンズを
使用することです。


スポンサードリンク


目の病気一覧

結膜の病気
結膜下出血  クラミジア結膜炎
ウイルス性結膜炎 アレルギー性結膜炎(花粉症など)
翼状片 乾性角結膜炎(ドライアイ)
まぶたの病気 
まぶたのいぼ   老人性眼瞼下垂
麦粒腫(ものもらい) 逆さまつげ(老人性眼瞼内反)
霰粒腫 眼瞼痙攣
眼瞼炎(ただれ目)
網膜の病気
網膜色素変性      網膜剥離
高血圧性網膜症 中心性網膜炎
糖尿病網膜症 網膜静脈閉塞
網膜動脈閉塞 加齢黄斑変性
涙道の病気
涙嚢炎 涙道狭窄
角膜・強膜の病気
角膜潰瘍 角膜炎
角膜ヘルペス 強膜炎
視神経の病気
視神経炎 視神経萎縮
ぶどう膜の病気
ぶどう膜炎 虹彩毛様体炎
その他の目の病気
眼精疲労 屈折異常
眼球突出 緑内障
老人性白内障


スポンサードリンク





















注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します。


病気で調べる

脳・神経の病気

目の病気

耳の病気

鼻・喉の病気

歯・口の病気

心臓の病気

血管の病気

気管・肺の病気

肝臓・胆道・膵臓の病気

胃・食道の病気

腸・肛門の病気

泌尿器の病気


骨・関節の病気

皮膚の病気


血液の病気

女性の病気

代謝・内分泌の病気

アレルギーの病気

免疫異常の病気

感染症の病気

心の病気

癌の病気

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved