感染性胃腸炎

感染性腸炎の症状


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 感染症 > 感染性胃腸炎

感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)


ウイルスや細菌によって吐き気やおう吐、下痢、腹痛などの胃腸炎や軽い発熱などの症状を引き起こす
感染症をまとめて感染性胃腸炎と言います。

原因となる病原体としては、大腸菌やサルモネラ菌、カンピロバクター、腸炎ビブリオなど細菌性のものや
ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスサボウイルスなどウイルス性のものがあります。
細菌性のものは主に夏場に多く発生し、ウイルス性のものは冬場によく流行します。

水や食品を介して食中毒を起こしたり、集団感染することもありますが一般的にウイルス性に比べて
細菌性のものは重症化しやすい傾向があります。

ロタウイルスによる感染症は乳幼児に多くみられ、嘔吐が続く場合は水分の補給ができないために脱水症が
急速に進行する場合があるので早めに医療機関を受診することが大切です。

ノロウイルスによるものは発症期間は2日ほどと短いものの感染力が非常に強く、とくに抵抗力の弱い高齢者や
乳幼児は注意が必要です。


スポンサードリンク


感染症一覧

淋病感染 梅毒感染
コレラ マラリア
破傷風 後天性免疫不全症候群(エイズ)
赤痢 敗血症
慢性疲労症候群 クラミジア感染症
腸チフス MRSA感染症
ワイル病 感染性胃腸炎
ツツガムシ病  ノロウイルス感染症
デング熱  ロタウイルス感染症


スポンサードリンク































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します。


病気で調べる

脳・神経の病気

目の病気

耳の病気

鼻・喉の病気

歯・口の病気

心臓の病気

血管の病気

気管・肺の病気

肝臓・胆道・膵臓の病気

胃・食道の病気

腸・肛門の病気

泌尿器の病気


骨・関節の病気

皮膚の病気


血液の病気

女性の病気

代謝・内分泌の病気

アレルギーの病気

免疫異常の病気

感染症の病気

心の病気

癌の病気

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved