泌尿器の病気

泌尿器の病気


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 泌尿器の病気

泌尿器の病気


泌尿器の働きと病気について

泌尿器は、腎臓と尿路(尿管、膀胱、尿道 )から成り立っております。

腎臓は、腰の高さの背中側に左右二個ありそら豆のような形をしており、体の不要な老廃物を
尿という形にして排出しています。
又、血液の酸度(pH)、濃度、水分や電解質の量の調整と共にエリスロポエチン(赤血球をつくるホルモン)、
レニン(血圧を調整するホルモン)、ビタミンD3(骨やカルシウムの代謝に必要なホルモン)を分泌する働きもしています。

腎臓の病気で多く見られるのは、ネフローゼ症候群、腎炎、腎不全、糖尿病性腎症などです。
一般に腎臓病は一度機能が低下してしまうと元には戻りません。
最悪となれば慢性腎不全となって人工透析をしなければならなくなり生活に支障をきたすことになります。

尿路は、尿を運ぶための器官で尿管、膀胱、尿道などからなります。

尿管は、腎臓と膀胱ををつなぐ導管で、膀胱に尿を送ります。
膀胱では、尿を一時的にためる働きと排尿のタイミングをつかさどります。
尿道は、膀胱にたまった尿を体外に排出するための器官です。
尿道の長さは、男性が約20p女性は4pと異なります。

尿路の病気は様々ありますが、男性の前立腺肥大症や女性の尿失禁などで見られるように
老化と共に排尿障害が起こりやすくなります。


腎臓病の食事療法

血液浄化療法



スポンサードリンク


泌尿器の病気一覧

膀胱炎 尿道炎
尿路結石症 神経因性膀胱
膀胱尿管逆流 尿毒症
腎不全 腎盂腎炎
遊走腎 ネフローゼ症候群
水腎症 間質性腎炎
急性糸球体腎炎 慢性糸球体腎炎
特発性腎出血 切迫性尿失禁
腎硬化症 腹圧性尿失禁


スポンサードリンク


病気で調べる
脳・神経の病気 目の病気
耳の病気 鼻・喉の病気
歯・口の病気 心臓の病気
血管の病気 気管・肺の病気
肝臓・胆道・膵臓の病気 胃・食道の病気
腸・肛門の病気 泌尿器の病気
骨・関節の病気 皮膚の病気
血液の病気 女性の病気
代謝・内分泌の病気 アレルギーの病気
免疫異常の病気 感染症の病気
心の病気 癌の病気
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved