癌の診断

癌の診断とは


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 癌の病気 > 癌の診断

癌の診断


癌の診断には、触診、視診などから色々な機器による診断法があります。
癌の特徴としては、硬い、動かない、ゴツゴツしていることが共通しているので触診は癌の診断には有効です。
又、皮膚癌のように体の表面の腫瘍に対しては視診も有効です。
しかし、視診や触診で見つけることのできる癌はほんの一部にすぎません。
現在では、癌の診断方法の進歩により様々な機器による診断が可能です。

内視鏡検査
胃や大腸などの消化器の他、胆管、肺、酔漢、脳、関節腔など体にすき間がある部位であればどこでも観察することができます。
又、観察できるだけでなく生検に必要な細胞や組織を採取することができます。

画像診断
画像診断の代表格としては従来から行われているレントゲン検査がありますが、
今日では、CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像)、US(超音波検査)などがあり診断の精度が驚異的に向上しています。

腫瘍マーカー
腫瘍マーカーは血液生化学的検査と呼ばれ、癌によってある種の物質が異常に増加します。
しかし、癌の早期発見にはつながるものではなく癌がかなり進行しないと腫瘍マーカーの高値は認められません。

細胞診
肺癌を診断する喀痰による細胞診、子宮頸がんを診断する子宮頸部の擦過細胞診など顕微鏡によって採取して細胞を見て調べる検査です。

生検
生検は、組織の一部を切り取って病理学的に調べる検査です。



癌の予防
癌の診断
癌の早期発見
癌の治療法


スポンサードリンク


スポンサードリンク


病気で調べる
脳・神経の病気 目の病気
耳の病気 鼻・喉の病気
歯・口の病気 心臓の病気
血管の病気 気管・肺の病気
肝臓・胆道・膵臓の病気 胃・食道の病気
腸・肛門の病気 泌尿器の病気
骨・関節の病気 皮膚の病気
血液の病気 女性の病気
代謝・内分泌の病気 アレルギーの病気
免疫異常の病気 感染症の病気
心の病気 癌の病気
注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved