老人性眼瞼下垂 治療 症状

老人性眼瞼下垂の治療/症状


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 目の病気 > 老人性眼瞼下垂

老人性眼瞼下垂(ろうじんせいがんけんかすい)


老人性眼瞼下垂とは、後天性眼瞼下垂の一つで加齢によって瞼を開ける眼瞼挙筋の筋力の低下と
皮膚がゆるんでくることによって起こります。

症状

瞼(まぶた)が重く感じる、夕方になると瞼が開かない、目の奥に痛みを感じる、肩がこる、
偏頭痛がするなどです。
上瞼が次第に下がり、上の方の視野が見えにくくなりあごをあげて物を見るようになることもあります。
そのほとんどは両目に起こりますが片目のこともあります。

治療

老人性眼瞼下垂の有効な治療として手術が行われます。
老人性眼瞼下垂の場合は、生まれつき瞼を開く力が弱い先天性眼瞼下垂と違って瞼の筋力は
ある程度残っているが瞼の皮膚が伸びてくるだけなので、単に皮膚を切除するだけで症状が改善される
場合が多く見られます。また、この手術によって視野が開けるだけでなく若々しい印象になります。



スポンサードリンク


まぶたの病気一覧  
まぶたのいぼ   老人性眼瞼下垂
麦粒腫(ものもらい) 逆さまつげ(老人性眼瞼内反)
霰粒腫 眼瞼痙攣
眼瞼炎(ただれ目)


スポンサードリンク

































































注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します。


病気で調べる

脳・神経の病気

目の病気

耳の病気

鼻・喉の病気

歯・口の病気

心臓の病気

血管の病気

気管・肺の病気

肝臓・胆道・膵臓の病気

胃・食道の病気

腸・肛門の病気

泌尿器の病気


骨・関節の病気

皮膚の病気


血液の病気

女性の病気

代謝・内分泌の病気

アレルギーの病気

免疫異常の病気

感染症の病気

心の病気

癌の病気

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved