腹圧性尿失禁 治療 症状

腹圧性尿失禁の治療/症状


 「サイト紹介」


今日、日本が長寿世界一と言われるようになったのは、高度成長とともに医療のめざましい発展と生活水準の向上によるものです。
しかし 反面、食生活の欧米化や運動不足によって生活習慣病になる人や多忙な仕事環境からくるストレスによって体の不調を訴える人が増加するばかりです。

「症状で病気を早期発見!」では症状から疑われる病気をなるべく簡単にまとめて説明しております。
体の不調でお悩みの方や病気が気になって医者に行くか迷っている方の参考になればと思い立ち上げました。

「症状で病気を早期発見!」の情報で病気の早期発見・早期治療・予防にお役に立てれば幸いです。


スポンサードリンク
症状で病気を早期発見top > 泌尿器の病気 > 腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁(ふくあつせいにょうしっきん)


腹圧性尿失禁とは、何らかの弾みでお腹に力がかかった時に意思に反して尿が漏れてしまう病気です。
ほとんど女性に見られる症状です。

原因

もともと女性の泌尿器は尿失禁になりやすい構造(尿道が短い、括約筋が弱い、前立腺がないなど)をしており、
尿道を閉める括約筋が弱くうまく働かなくなったり、膀胱を支えている骨盤底筋が肥満や出産、加齢などによって
弱くなり尿道や膀胱のしまりが悪くなります。
また、女性に多い便秘や冷え性なども尿失禁の原因になります。

症状

尿漏れはお腹に力が入った時に起こります。
たとえば、咳やくしゃみをした時とか思いっきり笑った時、立ち上がろうとした時、重い荷物を持ち上げた時などに
漏れてしまいます。
また、肥満の人や、出産経験がある人、閉経を過ぎた女性は尿漏れを起こしやすくなります。

治療

治療には、肛門や膣を閉めたりゆるめたりして骨盤底筋を鍛える骨盤底筋体操が行われます。
薬物療法ではβ受容体刺激薬で尿道を引き締めます。
また、尿道の収縮の改善に電気刺激療法が行われることもあります。
重症の尿漏れの場合は人工繊維によって尿道をつり上げるスリング手術や尿道括約筋を強化するためにコラーゲンを
注入することもあります。


腎臓病の食事療法

血液浄化療法



スポンサードリンク


泌尿器の病気一覧

膀胱炎 尿道炎
尿路結石症 神経因性膀胱
膀胱尿管逆流 尿毒症
腎不全 腎盂腎炎
遊走腎 ネフローゼ症候群
水腎症 間質性腎炎
急性糸球体腎炎 慢性糸球体腎炎
特発性腎出血 切迫性尿失禁
腎硬化症 腹圧性尿失禁


スポンサードリンク


















注意事項
当サイトで提供する情報・内容は、自己責任においてご利用ください。
いかなるトラブルや損害が生じても当サイトでは一切責任を負いませんのでご了承のほどお願い致します。


病気で調べる

脳・神経の病気

目の病気

耳の病気

鼻・喉の病気

歯・口の病気

心臓の病気

血管の病気

気管・肺の病気

肝臓・胆道・膵臓の病気

胃・食道の病気

腸・肛門の病気

泌尿器の病気


骨・関節の病気

皮膚の病気


血液の病気

女性の病気

代謝・内分泌の病気

アレルギーの病気

免疫異常の病気

感染症の病気

心の病気

癌の病気

Copyright (C) 症状で病気を早期発見!All right reserved